女性起業家育成塾を開講【コラム163】

私が総長を務める事業創造大学院大学では、この度「女性起業家育成塾」を開講いたしました。
女性起業家育成塾は、私や同大学院の富山栄子副学長などが講師を務めています。起業あるいは将来新潟と諸外国との国際的な事業や各種取り組みに貢献することが期待される本学の学生を対象にしており、年2~3回程開催される予定です。先日第1回目が行われ、日本、インド、ハンガリー、ベトナム、モンゴル出身の学生達7名が参加し、それぞれプレゼンテーションを行いました。

日本が持続的に成長していくためには、ダイバーシティ経営を推進し、多様な価値観を持った人材が活躍することが非常に重要になっています。それにも関わらず女性の起業家は数少ないのが現状です。男性とは違った視座や価値観を持つ女性起業家を育てていくことで、地域社会を活性化させていくことができると考え、本学の新潟地域活性化研究所のプロジェクトとして立ち上げました。

また、ダイバーシティ経営を考える上でグローバリゼーションという要素も非常に重要なテーマです。
事業創造大学院大学は、世界13カ国36大学と交流協定を結び学生の半数以上が留学生という国際色豊かな大学院です。ベトナム、中国、モンゴル、カンボジアなどのアジア諸国をはじめ、ハンガリー、イタリア、ロシア、カザフスタンなどヨーロッパからも学びにきています。日本に居ながらにしてグローバルな視点でビジネスを捉える感覚を養うことができ、海外とのネットワークを構築することができる環境は、一緒に学ぶ日本人学生にとっても大きなメリットになると思います。

女性起業家育成塾では、実現可能な事業計画書を作成することと、新潟と世界との国際的な事業展開のための関係を構築することを到達目標に掲げています。 この育成塾で学んだ女性起業家の皆さんが、新潟で学んだことを生かして新しい事業を生み出し、世界へ羽ばたいて欲しいと思います。そして彼女たちが新潟と世界の架け橋となることで、新潟が国際都市としてさらに発展していくことを願っています。                    〆