【コラム第81回】 JNB会長に就任して

 この4月、公益法人日本ニュービジネス協議会連合会、JNBの会長に就任いたしました。それまで会長を務めていた関東ニュービジネス協議会では顧問となります。
 ベンチャー企業団体のニュービジネス協議会は、27年前に創設されました。
新規事業にチャレンジする企業相互の連携を図ると共に、ニュービジネスについての調査や研究および政策提言等を行う事で経済発展に寄与しようという、我が国のニュービジネスを代表する経済団体です。
 会では、会員企業の積極的な事業交流(ビジネスマッチング)を行い、ビジネスチャンスと企業タイアップの創出を目指しています。
 また、経済産業省をはじめ、各地域の行政機関とのパイプづくりにも努め、ニュービジネス政策確立のための提言や要望を実施しています。
 その協議会の全国組織の会長に就任させていただいた今後は、会員企業が事業革新を行ってニュービジネスを打ち出すことができるような環境づくりに努めてまいります。
 また、日本の創業率の向上にも力を注ぎたいと思います。この10年ほど我が国では、企業数の減少に比して創業する企業が遥かに少ない状態が続いてきました。リーマン・ショック以降はリスクある融資への監査は厳しくなり、ベンチャーキャピタルも減りました。
 これに対して例えばアメリカには、可能性ある事業計画に資金が調達される仕組みがあります。それがシリコンバレーに出現したようなIT企業群を生み出す源泉となりました。アマゾンやFacebookに対し、まだ利益が出ていなかった時期から数百億円と言う単位の資金が融資されました。
 私は、日本のリスクを取らない風土を転換させないと未来はないと思っています。チャレンジする風土への転換が必要だと思います。
 今後はJNBの会長として、ベンチャーの活性化を図るために、アジアを中心とした海外事業の拡大を目指します。各国で活躍する日本人による組織「和僑会」とも連携を図ってまいります。
 また、現在は北海道、東北、関東、中部、関西、中国、九州の7つの広域協議会と41の都道府県単位の支部がありますが、今後は全国に県単位の組織を作り、会員の増加を図るべく働きかけを行っていきます。
 日本に自立・自助の精神を植え付け、チャレンジ精神溢れる国とするべく、JNBの会長として力を尽くす所存です。

池田 弘